お手伝いを通して子供の思考力を伸ばす!

お手伝いを積極的にさせるようにしています。幼少時から自分が食べたものはキッチンへ持って行くようにさせたり、料理の手伝いとして包丁でキュウリを切るなど、色々と体験させるようにしていました。魚もカットした物ではなく、きちんと魚の原型を見せるようにするなど、けっこう工夫しながら過ごしていました。調味料も醤油・砂糖・お酢・ごま油など色んな物を混ぜて味を比較してみたり、キッチンは、実験しているような感じなので、子供も喜んで一緒にお手伝いするようになりました。

次第に思考力も付いてきたのがわかり、やはり子供から何故こういう色になるのかな?など質問するようになったので、辞書で自分で調べるようになりました。りんごもカットしてしばらく置いたら茶色になりますし、そういうちょっとしたことに発見するようになったのでお手伝いを通して、かなり思考力が発達したのがわかりますし、日常生活の中で発見することが多々あるので楽しく子育てをしました。