おねだりされたときの対処法

子育てサイトでもよく話題になりますが、大きなお店のおもちゃ売り場に行くと、「買って、買って」とおねだりをしている子供を見かけることがあります。でも、うちの子には絶対にそのようなことはさせません。
買ってとおねだりしたり騒いだりするのは、そういうことをすれば買ってもらえると学習をしたらです。一度でも学んでしまうと繰り返す可能性があるので、買ってとおねだりをされたり、暴れたり、泣きわめいても絶対に買いません。
ではどうするかというと、対等な立場で話し合うのです。
大人はつい子供に対して上から目線になってしまいます。しかし、上下関係ではよい関係を築くことはできません。こちらの要望を通したかったら横の関係を作ることが必要なのです。
そのため、子供が何かを欲しいといったときには、どうしてそれが欲しいのか、本当に必要なのか、といったことを話し合います。そして、それに納得をすれば買ってあげるし、納得できなければなぜ購入できないのかを大人が説明をします。
しっかり話し合って子供は理解してくれています。